地域ものづくりのネットワーク化とものづくり改善能力向上のサポートをしてまいります。

開かれたものづくり研究会

開かれたものづくり研究会  日本の製造業は強いといわれます。そこには現場で培かったものづくり組織能力があります。いわゆる無駄を省いて現場改善を進化させ、生産性を向上させてきました。
  製造業以外の生産活動も広い意味でのものづくり(開かれたものづくり)ととらえ、そうした製造現場での改善活動の知識をサービス業をはじめとする他産業にも応用し、生産性向上、労働時間の短縮に繋げようと考え、研究会を立ち上げました。 働き方改革が叫ばれている今、「サービス」「事務」「医療」「観光」「農業」「商業」「流通」等の幅広い分野のみなさまのご参加を期待しております。

「開かれたものづくり」とは?:YouTube
          ●YouYube動画で藤本教授が解説します。

 

<開かれたものづくり研究会>運営要領:
●「開かれたものづくり研究会」は、年6回偶数月の午後に開催する予定です。
●毎回無料でご参加いただける会員制度とその都度お申し込み頂くスポット参加の2種類をご用意いたしました。
○会員のお申し込みはこちら 
○スポット参加のお申し込みはこちら
(MKNセミナー会員、地域ものづくりスクール連絡会員は割引になりますので、必ず会員番号をご明記ください)
● ご入会は随時受け付けております。ご指定いただいた月より翌年の入会月の前月までの1年間有効です。
●スポット参加は、どなたでもお申し込みいただけます。定員に達するまで先着順に受け付けます。ただし、開かれたものづくり研究会会員の方が優先となりますので、満員の際はスポット参加の方はご容赦頂くこともございます。
●MKNの他の会員(MKNセミナー会員、地域ものづくりスクール連絡会会員)が本研究会会員にも入会を申し込まれるときは、割引価格+入会金無料となります。
●MKNの主催する他のプロジェクト会費割引、入会金不要(一部適用できないものもあります)
●MKNの主催するイベント(セミナーなど)参加費割引(一部適用できないものもあります)

会員の種類と年会費、入会金は下記の通りです。(別途消費税がかかります。)

会員の種類と会費
法人(組織)会員

企業・組織(株式会社・一般社団・一般財団、金融機関など法人)として入会される場合
★各例会3名まで無料でご参加いただけます。(要事前予約)
★同一組織内の代理出席もできます。

年会費 90,000円 入会金 10,000円 (登録会員3名、代理・交代参加可)
◆MKN法人会員、地域ものづくりスクール連絡会法人(A・B会員)は 年会費 75,000円 入会金無料
          <会費はいずれも消費税別>

個人会員

個人資格で参加、会費支払いをされる方(個人事業主を含みます)
★会員ご本人のみ各例会に無料でご参加いただけます。
★組織名宛の領収書は発行しません。
★代理出席はできません。

年会費 35,000円 入会金 10,000円(本人1名のみ登録、代理参加不可)
◆MKN個人会員、地域ものづくりスクール連絡会個人会員は 年会費 25,000円入会金無料
          <会費はいずれも消費税別>

会員募集パンフレットはこちら

開かれたものづくり研究会例会のご案内

★会員以外の方でもスポット参加頂けます。スポット参加のお申し込みは、こちらから
★開かれたものづくり研究会ご入会ご希望の方はは入会申し込みフォームからお申し込みください。

<第12回例会> 

第12回例会を下記のとおり開催いたします。 

<製造行からサービス業へ>
      開かれたものづくりを通じたモビリティ革新
        

       〜製品を超えた設計・開発によるモビリティ革新〜

 13:30〜16:30

  1. 今、モビリティの領域で何が起こっているのか?

  2. CASEやMaaSとは一体何なのか?

  3. 日本の自動車産業はどうすべきなのか? 

  4. 開かれたものづくりを通じたモビリティ革新の可能性

              講師 山梨学院大学現代ビジネス学部教授
                (一社)ものづくり改善ネットワーク 特任研究員     
                                             東  秀 忠 

                                   C パンフレット(PDF)はこちら

開 催 要 領
開催日時

2021年 12 月 7 日(火)
13:30 〜 16:30 (開場13時)

開催場所

勝永六番町ビル  1階 会議室
東京都千代田区六番町6 勝永六番町ビル
・JR総武線・都営地下鉄新宿線・東京メトロ有楽町線「市ヶ谷」下車徒歩5分
・JR中央線・東京メトロ丸ノ内線・南北線「四ッ谷」下車徒歩5分
・東京メトロ有楽町線「麹町」下車徒歩7分

参 加 費

開かれたものづくり研究会会員  参加費無料 (法人会員は3名まで、個人会員は本人1名のみ無料でご参加になれます)

MKN会員、地域ものづくりスクール連絡会会員  1名につき 15,400 円 (消費税込み)

一般参加  1名につき 29,700 円 (消費税込み)

開かれたものづくり研究会会員の方はご案内メールを別途お送りしますので、参加、不参加をメールにてご返信ください・ 

◆スポット参加の方には、請求書を郵送いたしますので、事前に銀行振込でお願いいたします。

スポット参加のお申し込み

会員以外の方の一般参加も受け付けております。
スポット参加申し込みフォームに必要事項をご記入の上、ご送信ください。
折り返し請求書をお送りいたしますので、指定振込先にお振り込みください。MKN会員、地域ものづくりスクール連絡会会員の方は、当日現金支払いもお受けいたします。
先着順に定員(30名)に達するまで受け付けます。会員の方が優先となりますので、満員の際はご容赦ください。
今回は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、定員を通常の半数にさせていただきます。

★セキュリティ等で送信できない場合は、申し込みフォームをプリントアウトし、ファクシミリ((03)5210-2560)にてご送信ください。

 

入会のお申し込み

入会申し込みフォーム(法人会員用)(個人会員用)に必要事項をご記入の上、ご送信ください。
折り返し請求書をお送りいたしますので、指定振込先にお振り込みください。
入会月はお申し込みの月あるいはその翌月からとなり、翌年の入会前月までの1年間で更新となります。 例会参加は入会申し込み受付後に伺います。

MKN会員(総合会員)に入会されなくても、本研究会のみのご入会も可能です。MKN会員、地域ものづくりスクール連絡会会員は、年会費割引、入会金無料となります。

★セキュリティ等で送信できない場合は、PDFファイルをプリントアウトし、ファクシミリ((03)5210-2560)にてご送信ください。


お申込みはこちら
お問い合わせはこちら

開かれたものづくり研究会 過去の例会

<第11回例会> 

第11回例会を2021年9月8日に開催。 

<事務分野での改善>
      トヨタ生産方式(TPS)の事務部門への適用
        

       〜製造現場の視点から見た事務部門の改善とは〜

                 講師 株式会社カイゼン・マイスター 代表取締役     小 森   治 

                                    C パンフレット(PDF)はこちら

<第7回例会> 

昨年来開催延期となっておりました第7回例会<特別講座>を開催。 
詳細はこちらをご覧ください。

<特別講座>
      シゴトの渋滞解消と科学的ゆとり

          〜渋滞学からのヒント〜

           講師 東京大学先端科学技術センター教授       西 成 活 裕 

                                   C パンフレット(PDF)はこちら

<第9回例会>

2020年11月11日(水)に第9回例会<農業分野>を開催。 
詳細は
こちらをご覧ください

<農業・流通分野の改善>
         イノベーションは身近に

   〜やさいバスによる流通改革など青果流通分野でのイノベーション

       講師: 株式会社エムスクエア・ラボ 代表取締役
          やさいバス株式会社 代表取締役
          株式会社ベジラボ 代表取締役           加藤 百合子

 パンフレット(PDF)はこちら

<第8回例会>
2020年8月28日(金)に第8回例会を開催。
詳細は
こちらをご覧ください

<特別講座>
      アフター/ウィズコロナの内外経済と産業の変化

   〜これからの生活、働き方の変化と世界経済、各産業の動向

 
       講師 一般財団法人 日本経済研究所 専務理事(チーフエコノミスト)
       地域未来研究センター・エグゼクティブフェロー                   鍋 山    徹 

<第7回例会>=開催延期= 

2020年4月17日(金)に第7回例会<特別講座>は、新型コロナウイルス感染拡大による非常事態宣言のため開催を延期しました。2021年3月3日に開催の予定です。 
詳細は
こちらをご覧ください

<特別講座>
      シゴトの渋滞解消と科学的ゆとり

          〜渋滞学からのヒント〜

          講師 東京大学先端科学技術センター教授                   西 成 活 裕 

C パンフレット(PDF)はこちら

<第6回例会>

2020年2月13日(木)に第6回例会を開催。

<サービス分野での改善>
    
コンテンツビジネスにおける
         現場改善の可能性と障害

    〜ユーザーの体験情報にもとづく記事づくりの生産性、品質向上と改善意識の醸成事例〜

                               講師 東京大学経済学部
                                 藤本隆宏ゼミ ゼミ長
                                      岩 崎 雅 高

 パンフレット(PDF)はこちら

<第5回例会>

2019年12月19日(木)に第5回例会を開催。

<農業分野での改善>
    
農業分野における現場改善の特徴と可能性
    〜国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構の
取り組みも併せて〜

                 講師 山梨学院大学経営学部 教授
                    山梨学院経営学研究センターセンター長
                    (一社)ものづくり改善ネットワーク 特任研究員                                     東  秀忠
       農研機構の取り組み
                
講師 国立研究開発法人 農業・食品産業研究開発機構 理事
                                    波積 大樹

 パンフレット(PDF)はこちら

<第4回例会>

2019年10月23日(水)に第4回例会を開催。

<実践!>
    
サービス業にトヨタ生産方式を使ってみよう!
    〜事例とワークショップで製造業以外への応用を考える〜

       
                講師 カイゼンコンサルタントサービス代表                                   濱松 史郎
 

 パンフレット(PDF)はこちら

<第3回例会>

2019年9月6日(金)に開催。

<「サービス」「事務」「医療」「観光」「農業」「商業」「流通」等の幅広い分野への応用>
         
開かれたものづくりとは
〜「開かれたものづくり」で、製造業だけでなく 全産業の生産性向上を〜

                講師 東京大学大学院経済学研究科教授/
                  (一社)ものづくり改善ネットワーク代表理事 藤本 隆宏
 

 パンフレット(PDF)はこちら

<第2回例会>2019年6月28日(金)に開催。

<農業分野での改善>
トヨタ生産方式(TPS)と農業分野での改善
  〜製造現場のカイゼンの農業への応用〜

                講師 株式会社カイゼン・マイスター 代表取締役 小森  治
 

 パンフレット(PDF)はこちら

<第1回例会>2019年4月23日(火)に開催。

<サービス業のリーン改革>
サービス・エクセレンスを考える「よい設計、よい流れ」

 ご挨拶「開かれたものづくり研究会」開催にあたって
              東京大学大学院経済学研究科教授(当法人代表理事) 藤本 隆宏 
 「サービス・エクセレンスを考える『よい設計、よい流れ』」
                   講師 ピーキューブ株式会社 代表取締役 成沢 俊子
 

                                      パンフレット(PDF)はこちら

 ページトップへ

 

SUB MENU

第9期ものづくりシニア塾を来年1月15日より開講します。NEW

シニア塾


 

リンク